ホーム » 連載:これからのランドスケープの仕事 »

これからのランドスケープの仕事 No.11

スペインと日本における都市自然の保存と創造:距離の視点から
フアン・パストール・イヴァールス
国連大学-IAS OUIK研究員

公園は地方創成のシビルミニマム~日本一小さな舟橋村「園むすびプロジェクト」の取組~
金岡 伸夫
金岡造園・柴崎農園・福田園 建設共同企業体

連載「これからのランドスケープ仕事」では、多様な分野での領域間の交差点に立ちつつ、未来を俯瞰する研究者や実務家に、ランドスケープの仕事の未来についてご執筆いただきながら、これからの職能のあり方を見出していこうとするものです。

  • 連絡先

    公益社団法人
     日本造園学会事務局

    〒150-0041
    東京都渋谷区神南1-20-11
    造園会館6階

    Tel: 03-5459-0515
    Fax: 03-5459-0516

    office@jila-zouen.org

  • 推奨環境

    1. Javascript
    2. 推奨ブラウザ
    ・Internet Explorer 8 以上
    ・Safari 4 以上
    ・Google Chrome 4 以上
    ・FireFox 3.6 以上
    ・Opera 11 以上

  • 関連ページ

    facebook