ホーム » 学会賞 »

2021年度日本造園学会賞(設計作品部門)

桝井淳介氏

実相寺客殿庭「壱天四海の庭」

 

本設計作品は,川口市の住宅地にある日蓮宗寺院の客殿の新築に伴って設けられた庭である。160m2 という限られた空間ながら,伝統的な庭園技法が駆使され,マキの巨木などの既存樹を活かして取り入れて,巧みに造形された枯山水の日本庭園である。庭の奥にはこの寺院に江戸期から伝わる灯籠が置かれて客殿の玄関から伸びる中心軸をつくり,客殿に着座すると庭の正面右手には日蓮上人の姿に見立てられた京都の貴船石が立てられているなど,屋内外を行き来する視線と庭が作る物語によって,客殿と庭が結び付けられている。庭の設えには,景石や植栽の配置,素材の選定など,意匠と施工が一体となって構想され注意深く検討された様子がよくあらわれている。空間的には外部に向けて開かれているわけではなく閉じた庭園であるが,寺院の運用によって客殿が近隣の子どもたちの学びの場として活用され,苔のワークショップが行われるなど地域に開かれた施設となっている。質の高い日本庭園に小学生が触れる機会を,地元で長く敬われてきた寺院が提供することの意味は大きいと言え,寺院庭園のありようがさらに広がるための規範にもなりうる庭である。以上より,日本造園学会賞(設計作品部門)を授与するに相応しいと判断された。

  • 連絡先

    公益社団法人
     日本造園学会事務局

    〒150-0041
    東京都渋谷区神南1-20-11
    造園会館6階

    Tel: 03-5459-0515
    Fax: 03-5459-0516

    office@jila-zouen.org

  • 推奨環境

    1. Javascript
    2. 推奨ブラウザ
    ・Internet Explorer 8 以上
    ・Safari 4 以上
    ・Google Chrome 4 以上
    ・FireFox 3.6 以上
    ・Opera 11 以上

  • 関連ページ

    facebook