ホーム » 関連イベント・その他お知らせ »

大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会主催のシンポジウム開催のお知らせ

大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会主催のシンポジウム開催のご案内がありました。
 

大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会主催のシンポジウムを7月20日(月)にオンラインにて開催を予定しております。
シンポジウムの前半では、当地区が推進している大丸有地区のスマートシティプロジェクトについて、
下記有識者の方々を交え、講演・パネルディスカッションを行う予定です。

・石田 東生 氏(筑波大学 名誉教授・特命名誉教授)
・横張 真 氏(東京大学 教授)
・森本 章倫 氏(早稲田大学 教授)
・牧村 和彦 氏(一般財団法人 計量画研究所 業務執行理事)
・高木 聡一郎 氏(東京大学院 情報学環准教授)
・筒井 祐治 氏(国土交通省 都市局計画調査室長)
・重松 眞理子(大丸有まちづくり協議会 スマートシティ推進委員会委員長)

参加費無料のオンライン開催でございますので、奮ってご参加・ご視聴頂けば幸いです。

1.開催概要
日時:2020年7月20日(月)14:00~18:15
主催:(一社)大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会
協力:Tokyo Marunouchi Innovation Platform(TMIP)
後援:千代田区、東京都、(公社)日本都市計画学会ほか
参加費:無料
申込:Peatixより事前申込みをお願いします。
   https://face2-omy.peatix.com/

2.タイムスケジュール
14:00~14:05 開会、主催者挨拶

14:05~16:00
<第一部> 大丸有で描く、スマートシティビジョン
都市のデジタルとリアルが高度に融合し、街のデータや新しい技術を活用して、都市課題を解決する社会「Society5.0」。その舞台となるのが「スマートシティ」です。大丸有地区も日本の先行モデル地区として、スマートシティ時代の街の在り方について、検討を進めています。第一部では、その意義や将来像について、議論を深めます。

16:00~16:15 休憩

16:15~18:10
<第二部> アート、ビジネス、そして街の未来とは?
近年、ますます身近な存在になってきている「アート」。街中で見られるパブリックアート、話題の美術展、更にはアートをビジネスに取り入れようとする動きも盛んになってきています。第二部では、アートとビジネスと街の関係性に着目し、それらの未来がどのようになっていくのかを考えます。

18:10~18:15 閉会挨拶

 

  • 連絡先

    公益社団法人
     日本造園学会事務局

    〒150-0041
    東京都渋谷区神南1-20-11
    造園会館6階

    Tel: 03-5459-0515
    Fax: 03-5459-0516

    office@jila-zouen.org

  • 推奨環境

    1. Javascript
    2. 推奨ブラウザ
    ・Internet Explorer 8 以上
    ・Safari 4 以上
    ・Google Chrome 4 以上
    ・FireFox 3.6 以上
    ・Opera 11 以上

  • 関連ページ

    facebook