ホーム » 支部イベント »

【日本造園学会九州支部】2021年度日本造園学会九州支部熊本大会のご案内

2021年度日本造園学会九州支部熊本大会は、新型コロナウィルス感染症の拡大防止の観点から,オンライン方式にて開催いたします。
九州地区会員のみならず全国からのご参加をお待ちしております。

日時: 2021年11月20 日(土)
会場:オンライン方式 (ZOOM)
大会テーマ:「災禍を乗り越えてきた九州のランドスケープ」

プログラム:

9:30 ~ 11:10 研究・事例報告会(有料プログラム)

11:15 ~ 11:55 研究・事例報告ポスター発表(有料プログラム)

13:00 ~ 14:20 研究・事例報告ポスター発表(有料プログラム)

14:30 ~ 16:30 公開フォーラム
 「災禍を乗り越えてきた熊本のランドスケープの動向と未来への展望」
 話題提供
(1)①熊本城の復旧状況および段階的公開と活用
     遠山雅子/ 熊本市文化市民局熊本城総合事務所土木整備班 主査
   ②全国都市緑化くまもとフェア【2022 年春開催】の概要について
     長和史/ 熊本市都市建設局土木部公園課 副課長
(2)20年プロジェクト造園研究体による熊本城石垣修復と未来への挑戦
     芹川勝/( 一社) 熊本県造園建設業協会青年部長 芹川造園㈱代表取締役
(3)①緑化フェア 緑の広場プランに向けて
       ~熊本の民謡を取り入れた空間デザインづくり~  
     山下瑞葵/ 熊本県立北陵高等学校3 年
    ②競技大会の取り組みをとおして学んだこと
     (ものづくり競技大会出場)林田美香/ 熊本県立北陵高等学校3 年
     (技能五輪出場予定)   石原縣史朗/ 熊本県立翔陽高等学校3 年
(4)熊本のランドスケープの様子と技術者としての思い
     亀井菜々美/ ㈱大揮環境計画事務所
(5)災禍の熊本とランドスケープイニシアティブ
     蓑茂壽太郎/ 熊本県立大学名誉フェロー 東京農業大学名誉教授
 コーディネーター:星野裕司 / 熊本大学くまもと水循環・減災研究教育センター 准教授

16:40 ~ 18:00 学生交流企画
ワークショップ
新しい都市緑化フェアのカタチ~これからの都市緑化フェアを考える~
 ポストコロナ時代、SDGs、オンラインなどのキーワードや革新が進む様々な新しい技術を踏まえつつ、これまでとは異なる、新しく 魅力的な都市緑化フェアのカタチを考える。
全国都市緑化くまもとフェア、または架空の緑化フェアをベースにフェアのあり方や緑化展示手法などを提案する。

公開シンポジウム、学生交流企画のみ参加を希望される方は無料チケットを購入してください。
詳細な情報は日本造園学会九州支部のウェブサイトを御覧ください。

お申込み及び詳しい情報:http://www.qzouen.jp/pub/
 

  • 連絡先

    公益社団法人
     日本造園学会事務局

    〒150-0041
    東京都渋谷区神南1-20-11
    造園会館6階

    Tel: 03-5459-0515
    Fax: 03-5459-0516

    office@jila-zouen.org

  • 推奨環境

    1. Javascript
    2. 推奨ブラウザ
    ・Internet Explorer 8 以上
    ・Safari 4 以上
    ・Google Chrome 4 以上
    ・FireFox 3.6 以上
    ・Opera 11 以上

  • 関連ページ

    facebook