ホーム » 全国大会 »

日本造園学会 2022 年度全国大会における CPD について

日本造園学会 2022 年度全国大会における CPD について

日本造園学会企画委員会

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本造園学会 2022 年度全国大会プログラムは、現地参加・オンライン参加にて開催することになりました。今回、 CPD 申請者の不利益が生じないよう、また、現地参加とオンライン参加の間に不公平が生じないよう最大限に考慮した結果、全国大会プログラムに対し従来通りの CPD 単位数が取得できるようにしました。

1.参加(受講や閲覧)の場合

登録方法

別紙「造園 CPD 日本造園学会 2022 年度全国大会受講・閲覧 参加証明書」(学会ホームページhttps://www.jila-zouen.org/annualmeeting/13810からwordファイルのダウンロード可) を使用して、参加したプログラムにチェック(☑)し、合計単位数を記入の上(最大 20.8 単位)、CPD 申請時の登録の際に、参加費の領収書とともに添付してください。

この参加証明書にて登録できるのは、教育形態番号 110(造園 CPD 認定プログラム「講習会等」の受講)、120(同「展示・フェア等」の閲覧・視察)です。

なお、建設系 CPD 構成団体会員でCPD 単位を取得されたい方は「造園 CPD 日本造園学会2022 年度全国大会受講・閲覧 参加証明書」をご記入の上、cpd-office@jila-zouen.orgまでお送りください。確認後、参加証明書を発行いたします。

※補注   ミニフォーラムと各委員会フォーラム(認定プログラムNo 22-0075 からNo 22-0086まで)は合計2件までしか単位の登録ができません。

2.発表した場合

従来通り自己登録となりますので、自己登録画面に必要な事項を記入してください。

3.CPD単位数

日付、催し(CPD 認定プログラム)、単位数、認定番号については、下記の一覧表をご覧ください。

■参加(受講や閲覧)の場合

日付 催し(造園CPD認定プログラム) 単位数 認定番号
 

17日

見学会「恵庭・花のまちづくり」コース 3.0 22-0067
見学会「アイヌ文化と北国のガーデン」コース 3.1 22-0068
学生公開デザインコンペ二次審査会 3.5 22-0069
 

 

18日

日本造園学会賞受賞者講演会 1.0 22-0070
公開シンポジウム 2.8 22-0071
大会企画展示 1.0 22-0072
学生公開デザインコンペ作品展示 1.0 22-0073
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19日

研究発表会 4.5 22-0074
ミニフォーラム1 街路樹の包括管理の現状と課題 1.5 22-0075
ミニフォーラム2 オルムステッドから考える公園の社会的役割とデザイン 1.5 22-0076
ミニフォーラム3 橋梁と堰堤のある風景の審美性を考える-名勝の視座から 1.5 22-0077
ミニフォーラム4 造園の魅力 ~産と学の連携の在り方~ 1.5 22-0078
ミニフォーラム5 カーボンニュートラルとその先に描く自然との共生 1.5 22-0079
ミニフォーラム6 次期生物多様性国家戦略の策定に向けた日本造園学会からの提言 1.5 22-0080
ミニフォーラム7 東京臨海部の再開発と「文化財庭園都市」 1.5 22-0081
研究推進委員会フォーラム1 日本庭園の“わざ”(伝承造園技術)をいかにして継承し,未来へつないでゆくか?【日本庭園の「こころ」と「わざ」に関する研究推進委員会】 1.5 22-0082
研究推進委員会フォーラム2 流域治水とグリーンインフラ【グリーンインフラ研究推進委員会】 1.5 22-0083
研究推進委員会フォーラム3 生態工学のアプローチによる「(仮称)生物多様性技術指針」の策定に向けて【生態工学研究推進委員会】 1.5 22-0084
研究推進委員会フォーラム4 実践から読み解く風景計画の理論【風景計画研究推進委員会】 1.5 22-0085
研究推進委員会フォーラム5 都市公園リノベーションの計画技法の体系はいかにあるべきか【都市公園リノベーション計画技法研究推進委員会】 1.5 22-0086
ポスターセッション 1.0 22-0087
合計(最大20.8単位まで)

■発表した場合

催し等 対象となる発表等 単位数 教育形態番号
 

 

コンペ関係

新規作品の制作および出展・応募 10(代表者) 250
5(連名各人) 251
コンクール等での受賞(応募するもの)

CPD 協議会団体、学術団体、公的団体主催・大賞

40(代表者) 505
20(連名各人) 506
委員会参加 審査会の時間×2(審査委員長) 440
審査会の時間×1(審査員) 445
 

シンポジウム関係

講演者、講師等 ※コーディネーター、座長を含む 講演の時間×5 470
シンポジウムの講演集等の原稿を作成した場合 10(筆頭者) 220
5(連名各人) 221
 

フォーラム関係

講演者、講師等 ※コーディネーター、座長を含む 講演の時間×5 470
シンポジウムの講演集等の原稿を作成した場合 10(筆頭者) 220
5(連名各人) 221
全国大会企画展示 ポスター発表 4(筆頭者・代表者) 230
2(連名者) 231
ポスターセッション ポスター発表

※ただし、既発表(技術報告集)は対象外

4(筆頭者・代表者) 230
2(連名者) 231
 

 

学術研究発表会関係

学術研究発表会での口頭発表 ※発表自体は対象外(論文に対しての CPD 単位数を既に取得しているため)
座長 座長担当時間×5 470
ランドスケープ研究に掲載された論文 40(筆頭著者) 215
10(連名著者各人) 216
学会誌ランドスケープ研究への投稿論文の査読(論文の編集委員も含む) 1 編につき 10 460

別紙:
造園CPD 2022年日本造園学会全国大会受講・閲覧 参加証明書

  • 連絡先

    公益社団法人
     日本造園学会事務局

    〒150-0041
    東京都渋谷区神南1-20-11
    造園会館6階

    Tel: 03-5459-0515
    Fax: 03-5459-0516

    office@jila-zouen.org

  • 推奨環境

    1. Javascript
    2. 推奨ブラウザ
    ・Internet Explorer 8 以上
    ・Safari 4 以上
    ・Google Chrome 4 以上
    ・FireFox 3.6 以上
    ・Opera 11 以上

  • 関連ページ

    facebook