ホーム »

学会賞

概要

当学会におきましては,造園に関する学術,技術および芸術の進歩をはかるため,「日本造園学会賞」,「日本造園学会上原敬二賞」,「日本造園学会特別賞」,「日本造園学会田村剛賞」を授与しています。

日本造園学会賞は,造園に関する学術,技術および芸術の進歩をはかるため,造園に関し特に優秀な業績をあげた会員に授与しています。「日本造園学会賞」は,研究論文,著作,設計作品,技術,事業・マネジメントの5部門があり,また,各部門に「奨励賞」が設けられています。

日本造園学会上原敬二賞については,造園の分野において著述,教育あるいはその他広範な社会活動を通じて造園の進歩・発展ならびに啓蒙に多大な貢献をした者に授与しています。

日本造園学会田村剛賞については,自然公園および自然保護分野における研究論文,設計作品において優れた業績をあげ,当該分野の進歩,発展ならびに普及啓発に顕著な貢献をした者,ないしは著作,技術,事業・マネジメントにおいて優れた業績をあげ,当該分野の進歩,発展ならびに啓蒙に顕著な貢献をした者もしくは団体・組織に授与しています。

日本造園学会特別賞については,自然と文化の保全を図り調和のある,新しい環境の創造に寄与した優れた造園の業績に授与しています。

応募・推薦

学会賞,奨励賞,田村剛賞は,原則として公募推薦幹事を含めた正会員および準会員が推薦または応募します。その際には,別紙の応募・推薦書に,上記の業績内容を提示し得る審査参考資料(印刷物ほか)を添え,「日本造園学会賞選考委員会」宛に期日までに送付することになります。審査参考資料は原則として返卸いたしませんので,ご了承ください。

上原敬二賞,特別賞については,公募いたしません。

選考

学会賞 ,奨励賞,上原敬二賞,田村剛賞の選考は,日本造園学会賞選考委員会が審査を行い受賞候補者を選出し,理事会の議決を経て決定します。特別賞の選考は,日本造園学会理事会での発議と議決を経て決定します。

表彰

翌年度総会の席上において,表彰状,賞牌を贈ります。ただし,適当なものがなければ,表彰しない場合もあります。

過去の受賞者

応募・推薦書

  • 連絡先

    公益社団法人
     日本造園学会事務局

    〒150-0041
    東京都渋谷区神南1-20-11
    造園会館6階

    Tel: 03-5459-0515
    Fax: 03-5459-0516

    office@jila-zouen.org

  • 推奨環境

    1. Javascript
    2. 推奨ブラウザ
    ・Internet Explorer 8 以上
    ・Safari 4 以上
    ・Google Chrome 4 以上
    ・FireFox 3.6 以上
    ・Opera 11 以上

  • 関連ページ

    facebookrss